atashi9's weblog

10だってあるよ

働き方改革とセットのはずが

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191129/k10012195111000.html 希林さんの本は母に買いに行かされたから買った。 もうちょっと私は読書量増やさないと。 就職難から人材派遣だった昔と違って、人材育成というか自己啓発じゃない読書のなどが今いる気がす…

山際先生のゴリラの本、NHKで中何とかさんが紹介していたし読もうと思いつつ雑誌ばかり買ってきてしまった。不味い。 GINZA(ギンザ) 2019年 10月号 [知りたいのは IN&OUT ワードローブ計画 2019AW]出版社/メーカー: マガジンハウス発売日: 2019/09/12メディ…

まつげのは学校一緒系の子のがそうで、他の嘘松あさと浜松って変だよ。平野レミの次男のどうしたの?でも学科知らない。 ノッティンヒルのも酷いけど、なんだっけああゴルフか、ヒュー・グラントちゃんと砂糖じゃなくて中島って吉祥寺で窃盗犯最近捕まったけ…

近所のだめなやつ

ラジオでこれの一番最初のアイルランドの小説を翻訳者の柴田先生が朗読していた。 ブリティッシュ&アイリッシュ・マスターピース(柴田元幸翻訳叢書) (Switch library) 作者: 柴田元幸 出版社/メーカー: スイッチパブリッシング 発売日: 2015/07/07 メディア:…

蜂蜜パイ

スピルバーグの話の続きって言えばそうだよ。 被害はあたしだけじゃないんで、追って説明するけど、昨日もそうだけど、書いてるうちに頭に来ちゃうんだけどさ。 もっと楽しい話がしたいのに。 神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫) 作者: 村上春樹 出版社/メ…

梅田さんの最初の本あんまりおもしろくなかったけど、もう一回読んでよみかたおしえてもらうかな。 事故とか変なこと多すぎ。 シリコンバレー精神――グーグルを生むビジネス風土 (ちくま文庫) 作者: 梅田望夫 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2013/10/04 …

もりはちと東映と土屋耕一伝説

はてなブックマーク - 奥山和由 Okuyama Kazuyoshi on Twitter: "凄まじい面白さ!五社英雄監督自身から聞いていた山のようなここだけの「秘密の話」それが全て繫がった。五社巴さんが唯一の身内の視点から語る人物像は伝説の男を凄まじい男として蘇らせる。…

中吊りの

誰かやらないの?誰も電車毎日は乗らないから? とかげ (新潮文庫) 作者: 吉本ばなな 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1996/05/29 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 69回 この商品を含むブログ (107件) を見る 白河夜船だか無理矢理押し付けてくるのやっ…

面白くないといけない理由

田島貴男さんのliveの申し込みを少しの間見送っていたのでそろそろ見に行こうと思ったら、今日もカレー食べてるらしかった。下北沢でサニーデイサービスのお店と迷ったけど、何かカレーの100軒強の店舗参加の催しをやっていて、結局昔からのお店に行ったんだ…

杉並区の浸水

何か東京物語のことでご連絡頂いた。 確かに昔からの東京地元の家寄り過ぎるとか、東山千栄子さんのがあるからとやたらと関係ないというか(お役満たせないのわかんないのかな?ちょっとしかも外見に弊害出してまでやるの異常じゃないの?問題視されてるよ)あ…

不特定多数にとってほんとうにいいものか

去年だったか、佐藤雅彦氏が講演で紹介していた本。 JRの例で出てきたんだったかな?忘れてしまった。それでもたぶん悪い教え子の時が私はあって、最近まで読んでいなかった。 世界を動かす技術思考 要素からシステムへ (ブルーバックス) 作者: 木村英紀 出…

25 滋味深いごはんと本を読む女、だよ

http://www.shinchosha.co.jp/sp/kitchen30th/index_21.html#episode よしもとばななさんがデビューされて30年ということで、書店ではそんなに見かけなかったけれども特設ページができている。 ここのところ本を読む時間があって、それでも何だかとりとめも…

ヒューリスティクスとリスク回避

錯覚の科学 (文春文庫) 作者: クリストファーチャブリス,ダニエルシモンズ,Christopher Chabris,Daniel Simons,木村博江 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2014/08/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (6件) を見る これおもしろかった。読んで本当に…

価値よりポジョショニング(追記した)

小泉今日子が何か事務所から独立するとか家庭がある男性に恋愛感情があるとか発表したらしい。 何か事務所都合なのか、あまりよくない政治家のに巻き込まれたのかなと思った。 後は半島問題にかこつけた詐欺。 小泉放談 (宝島社文庫) 作者: 小泉今日子 出版…

大人

最近少し若返っていて、かと言って年配の人を排除する感じでもないし、今の編集長は前の人みたいに知名度がないけどいい気がする。 暮しの手帖 4世紀92号 出版社/メーカー: 暮しの手帖社 発売日: 2018/01/25 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 考え…

出た時に読むか

村上春樹のチャンドラー訳は読みやすい。 これ、そんなに評判が良くないらしいけど、おもしろいと思うんだけど。 水底の女 作者: レイモンドチャンドラー,Raymond Chandler,村上春樹 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2017/12/06 メディア: 単行本 この商…

角栄伝説はどこで発揮されるべきか

今日何故か新潟出身の人の角栄自慢ずっと聞かされててわりにうんざりした。すごいとはおもうけど、ゴム偽装とか、 フォローのためのもりかけそば屋問題とか出てるのに。そういえば首相は松岡何とかっていう人の考えたほうがいいんじゃないの? っていうかな…

読みなおし

1999年に出たものだけれど、大概のものが書かれた数年前の出来事を含むのでそういうの最近考えて読み直してたら、もっとむかしのべーすのことがいろいろ今日になってわかり、大幅に読み直さないとならなくなった。 スプートニクの恋人 (講談社文庫) 作者…

場違い総選挙はこわい

今週のお題「読書の秋」 先日こんな記事があったけど、レビュー読んだだけで読んだだけで読んだ気になるとか、映画でも見てないのに見た気になるものがはてなにはだいぶ前あった。と言っても解説のだけど。 はてなブロガーの薄いレビューうざすぎ [はてな] …

だんだんわかっておもしろくなる

新しい分かり方 作者: 佐藤雅彦 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2017/09/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 授業→演習→応用問題→入門テストみたいになっていた。 ええと、どこまで書いていいんだっけ? 宣伝?数学的思考法で? この間…

総武線中央線沿線

東京美女散歩 作者: 安西水丸 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/03/13 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (2件) を見る これにかいてあることはずれてておかしいことで知ってることを書いている時もあり、このまま組んだりしてる…

おかしな読み方

今の首相バカなんじゃないかと思うのは、支援者よりだとマッカーサー批判が多くなる。 これ、当時の状況と風潮見ずにマッカーサー批判が多すぎるのではないかと思うところがある。 ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争〈上〉 (文春文庫) 作者: デイヴィッ…

The Economistの予測

2050年の世界―英『エコノミスト』誌は予測する 作者: 英『エコノミスト』編集部,船橋洋一,東江一紀,峯村利哉 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2012/08/01 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 104回 この商品を含むブログ (32件) を見る 予測が微妙だっ…

変なアルゴリズム幾つ見つかるかな

平成経済事件の怪物たち 作者: 森 功 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2014/02/28 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る これに出てる人のを犯罪者と見ていないで、お金儲けの手本みたいに考えてる人がいるみたいで、無意味に繰り返されている…

ドラフト指名、時間

今までは徹夜して読んだりもしたものだけど、これはゆっくり読むもの だと思ったのでのんびり読んだ。 騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/02/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (21件) …

スパムで遅い

ちょっと勉強していた。 Webのこと考えてて、2010,2011年頃の出版とか狂ってたんだな。だいぶ戻ったのかな?まだおかしい感じがある。 2011年12月の記事。 http://archive.wiredvision.co.jp/blog/yomoyomo/201012/201012091500.htmlarchive.wiredvisi…

やっとわかった

『TCC広告賞展2016』会場内の『TCC2016コピーライターの本棚』コーナーでは、21人のコピーライターの愛読書をメッセージと共にご紹介しています!!是非、お手にとってお楽しみください。私も置いてある本が面白くて、ついつい長居してしまいます。#あなたの…

コんガらガっち劇場 なつやすみとまんが

あたまがコんガらガっち劇場「りりりりりりりりり」の謎 作者: ユーフラテス,佐藤雅彦 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2016/08/08 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る これすごいおもしろい。 まんがだけど、児童書コーナーにあるよ。 こんなおも…

本読んでる人が多い町

edition.cnn.com このカゴバッグ、今何か異常に流行っていて、他の感じで持っているんだけど、新潮社の人とか村上さんとかが何かその流行り方を嫌がっているっぽくて、ラカグに売ってるんだけど、だから予約して意外と早く入ってきたので取りに行ったんだ。 …

これ買ってみた

オリンピックの制裁少し厳しいなと思っていたんだけど、 このまま動くにしてもかなり今酷い。 誰だよ佐藤優の本売るためにおかしなことやってんの? / “Amazon CAPTCHA” https://t.co/I3tLvvTmdH— あー (@9atashi) 2016年6月26日 ペシシズムがあたるとかろく…