読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

博報堂系は広告収入の場が広がれば何をやってもいいという考えで大問題起こしている。

インスタグラムのは、博報堂SNSで思想の洗脳を仕事以上に何かろくでもない覇権願望にとりつかれて、ユニクロなどから、雑誌社に顰蹙をかっててでも(雑誌によってはインスタグラマーはそこまで素人相手に昔ほどの全人格否定のようなものでもないけれども感覚としては、割に独特というか特有の感じが嘲笑気味の扱いで、それもここまでウェブ会社の自我肥大の犠牲になりラインがそれは大きいけれども、ファッションが狂てくると、もっともだと思うところもあるのに)横流ししていた感じがあるんだけど、そういったことをやっていなければ、あそこまでのことにならないのでは。博報堂はそれぞれの人の役割重要性などの認識が極めて粗雑でしばしば流用も多く、間違いも本当に多いが、起きた事の重大性から、そういうのを扱う権利は私はないんじゃないかと思っている。

韓国の仏像の話など昔は発覚しないで済んでいたことが、すぐにばれてしまうという時代の変化についていけていないんだと思う。

博報堂系は失敗するとその時代が終わりとか言い出すけれども、カンヌの終わりとかクリエーターオブザイヤーの終わりとか早く言い出さないかなと思って、賞付与歴のある人物も早く消えろ立場悪用のやくざの妨害野郎とか思う。けれども代わりにチンピラみたいな人が入ることは許されないはず。さっきのクロノスのはなしじゃないけれども、過去にやった音も含めて人道的にあり得ないし、本当にここの侵害が酷い。

消費がどうのとかよく言ってるけど浪費の話で、そこで魚との差分も出していないし実は理解できないんじゃないかという能力の低さが絶対に許せない。二度と関わりたくない。一生言い続ける酷さだ。コンテンツ産業にかけたいと思っている会社は隠しておきたいことなのだろうけど。