atashi9's weblog

10だってあるよ

love jam 5

良かったよ。

小山田圭吾の声が始まる前にしてきたけどまさかコーネリアスから始まると思ってなくて油断していた。

 

ぼけっとしてるからかあたしが、合間やらに感想話してる男の人が多く、業界の人ほど褒めてたけど、でもなんか変な人がいて、たまにずらしようがないものをずらそうとするやつが沸くんだけど、これは書かないと勝手に運ばれるのかもと思った。

東出のを顔変えたみたいなの出てたけど面会希望に残ってたけど誰の客?どこの芸能志望者?それちゃんと直さないと他に動けなくなる人がいるんだよ。明日だか電車止める動きかな?

 

コーネリアスのVJ見てたら私も進化したなと思った。7が少しずれてた頃のでもぎりぎりよく抜けたものだと思った。これ全然もっと直せるとも思ったけど。

デザインあっぽかったのかあんまり私あの番組は見てないけど、電通NHKっぽいとか言ってる人がいて、佐藤雅彦っぽい感じはしたけど、嫌がられるのは同業他社のやっかみ以外ふつうのひとにはない感じだからわざわざ曖昧に言及するのが不思議だったけど、ストリートが崩れかかってる時の話はまともに聞いていいのかわからない。グルーヴの統一感マッチョを出すようにはしていなかったし。クリエーターごとに選別つきすぎてるのか電通っぽいっていうのはよくわからなかったけど。

トラットリアの時の私のがたぶん多くて、田島貴男は大分譲ってて、この間カヴァーズ、本門寺のアルバムがめちゃくちゃ良かったんだと思うけど、売れてる歌とかも歌ってなかったのは他のお客さんもそう言ってたけど。あたしいつからファンなのかred curtainのもなんで聞いたことあるのかわかんないけど、中学生ぐらいに記憶があるの何でかなと思うんだけど、とにかくそれを小山田圭吾とやってたのも良かった。

 

昔star fruit surfriderをあたしがぼけぼけ歌ってるのなんで強く残したがった人がいるんだろう?しかも軸が違うし意味の取り方も違ったんだよ。

昔もそうだったけど最近もかひみかりいの歌は運転して歌ってる時もある。(そうしたら何かゴーンさんが捕まり出したのか。違う歌でも。)

かひみかりいの社会活動はすべてがあたしは許せれないけど。人形と個人で人の判別のためだろうけど。

大いなる幻影 [DVD]

大いなる幻影 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ブロードウェイ
  • 発売日: 2003/07/25
  • メディア: DVD
 

この音楽活動してる人の話で入ってるんだけど、あたしのところだけで複数の重なりがある。

(でもコロナウィルスのタケネズミやアナグマのはもちろんそれらではなく、わかってなくて入ってるやつなんだよな。だから難癖つけて転用しようとしたりすり替えようとしたりどうして勢力争いしたがるのかわかんない。

何やってるかわかってんの?少なくとも二方面は無認可のじゃないかな。)

3組ともさらっとやるのかと思ったらがっちりやってた。だからそれだとチケット代お得とか言ってる人がいたけどそうかも。

というかグルーヴ感とか感じたいなら二階席で見るより下に行った方がいいのではと思った。

中村さんもいい声で芸術系なのか良かった。京都出身アーティストは興味深い人が多い。

 

音はやっぱり中野サンプラザの方が良かったな。