atashi9's weblog

10だってあるよ

お帰り寅さん

山田監督が砂の器とか砂の女とかフランス映画のhommage入れてるのね。

読めない人多いんだな。

 

砂の器は吉岡さん大丈夫な風になってるんだけど、砂の女のわかんない人が多いみたいで、そのままになってるんだけど、ポン・ジュノ監督って勉強されてるんだよねいろいろと。

だから奥山さんがRampoの自分のの方出したがってるのもある。

 

そういえば怪獣の本はそんなに子どもには与えてないよ。ベルクソン系多いかな?

そうだ、本探さないと。