atashi9's weblog

10だってあるよ

厚労省の見落としと慶応の失態

一時期労働実態の報告書紛失したとか問題になっていた厚生労働省ですが、そういう見落とす感じで、そういった傾向で電通への業務改善命令と調査は何だったんですかね?電通へは問題視がすごかったようですが、確かに問題はあったようですが、問題の根幹は三菱周辺にあります。電通で労働問題出るときは何故か三菱が横で強い。

しかもキリンでしか挽回するところがなかったぐらいなのに微妙だった。しかも古い永井のを別人への中傷を私に向けたまま動かしていた慶応閥は何だったんですかね?一方で先他の人の話まとめようとしたり。

国賊みたいなことやるように慶応では教員が指導しているんですか?もののみかたがユニークどころかテロ犯に近い人あまりにも多く出ませんか?

郵船関係でこどもに犠牲出したり新潟で脱税起こしたりしてまでなのは、本当にとしのみや様に申し訳なく、居たたまれない感じがします。

 

一方、博報堂で失態の挽回できていないのに、病院に行くと厚労省の労働問題をとんちんかんな言い訳として、風向きが変われば、荒らす理由として成り立ちそうなものでも入れてきたりされています。

少子化促進している動きしかしていない会社が厚労省に関わっていいんですか?

計算がおかしいですよ。

 

失態の挽回かと思いきや、宮仕えのようで、実際の効果は私への嘲笑がありました。

その原因は子会社や提携者の失敗です。

そもそもの原因は繰り返しますが博報堂の非公式の無知でもおかしいさっきの勝手な高峰秀子さんのところので、三菱への破格サービスにあります。

これは私への存在否定でしかありませんし、名誉毀損と損害賠償で何回訴えるぐらい分なのかというぐらいで、科学技術に対する冒涜とも思えます。

 

永井荷風の小説なんか繰り返すものじゃないんですよ。どうしてそう動かすの?三田文学ミソジニーが強すぎる。朝吹まりこは何も書かない。