atashi9's weblog

10だってあるよ

やっぱり奥山さんのこれいいと思った

シリーズの中でも観客が年配の人に片寄ってたのを奥山さんが下げる感じになってるところやらうまいと思った。

これ熱狂宣言のサイトで出ていたデザインセンターにいた人が松竹周りで見かけていた頃のかな?

https://www.nekkyo-sengen-movie.com/notes/420/

 

 

まぐそエジプト薄くて、

(ベタ読みしかできなくて当てはめておいしいとこ取っていっちゃう人はいても)まだまだ平和だ。

(でも何か今頃、私に悪いことしてるなって思う人はいるみたい。ずっと思ってたのか知らないけど、私の不遇が変だと思う人はいるよ。ずらした業者は責められず、そこの人自身が何か罪悪感持ってるってたまに変だと思うけどね。

全くそう思わないでたかりっぽく来る人もいるし。)

 

この映画で満男は階段から何回も落ちるんだ。

やっぱり奥山さんのは何か良いと思った。

 

文化庁から何かお墨付きもらっていても、結構泉ちゃんの境遇はきつい。たぶん当時はその言いぐさにムカついていたと思う。

友人が何故か夏木マリさんぽくなっていたし、それでも確か三浦武彦さんはちょっとこの辺りの荒れを後悔していたみたいだ。

 

ただ脳の可塑性育てないと晩春のが確か出来なくて獲得すべきパーソナリティもあって振り幅持たせないといけなくてもだいぶその面では安全ではあったんだと思う。ただそこにベタ読みだけの他人が入っておいしいとこ取りで持ってっちゃうと人格のバランスも崩れるので窃盗だけでなく傷害*1になる。その感覚が薄い人が一流ではないところでは多い。有名税とかだと思ってるのかそのメディア精度が80年代いわばバラック感覚ってやばい。バブル期でないので通用しないよ。昨日だいぶ怒ってたけど、やっぱりNYで少し事件があったみたい。

 

他のことでもそうだけど今それがすごく酷い。

 

でこの映画の設定のあるものがないとパルプフィクションはない。配給があれは松竹だったけど最新作はソニーかな?慌ててやってるがメソッドの手落ちはすごい。少し危うい。

とらさんと満男のところの分け方が何かおかしいと思うし。広告も少し変なものが今ある。

 

アメリカのアカデミー賞のような映画制作関係者の横の連帯感が薄くて、広告屋が何かやけに無駄にでかい顔したがったり、あたしくさすとか足引っ張るようなこと平気でやって来てるくせに映画撮りたいとかキモすぎるバカさの人いるし、そのわりにヒットすることに関してわけわからず執着するのがだめなんだよ。

 

タランティーノの最新作はどうも、映画の黄金期はポランスキーの妻の被害によって終わったってことになってるけど、日本の場合は蒲田や大船の金箔剥がす行為が異常にまかり通っているんだけどそれだめだと思うね東北新社とか。正規分布の破壊だけじゃなく経済活動の破壊行為が結構多いと思う。

 

昔の映画見る時ってあぶらにはあたし敏感だけど、金にめざとくみてる人は時間旅行には不十分だし、先も読めていない。

 

何か関係ない話が多くなってしまった。

 

鳥取砂丘は9にもだからいいのよ。あるはずだから。一時確かに意味不明にやたら行きたくなってた。他のは内向的で思考回路の打開が微妙だったりなので。

 

*1:語呂で放置した責任は国際社会的に異常