毎月新聞 34号

この回は、祖父が亡くなったことと、他の別のことと合わせて書かれていて、ちょっと書きにくい。

(今は何故か、この話とは関係ない親戚のおじさん、この時は存命、が含まれていてそれはこの文章のこととは違うことなのかな?)

 

ここで書かれた人はわからないけれども、(近いうちに砂浜は読む)、何をしたらいいかわからないとか言う時に人のやくにたとうみたいにしていくうちにみえてくるものがあるんだろうね。

親の敷いたレールに乗っかって生きるのは嫌だとか、決まりきったレールに乗って生きるのは嫌だとか何だかんだあるけど、自己目的化しすぎて弊害を何も考えないそれはもっと実はみじめとか言うことがわからない人が多いみたい。それって社畜とか定形語でわかりにくくただくさしてることと変わんないことなんだろうなとも思う。