読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンテンツから推測するのに限度があると思う

コンテンツ テロ メディア

昨日も書いたけど、何かとてもヒットしたコンテンツの成分を見て思い当たるもので組んでみたいと思っても、はなから表面上のことしか見られない性質の人がやってみたところで、無理な気がする。それはベースにならないし、チャンネル権持たせても耐性が低い。

音楽業界と映画界がおかしくて、別会社のものが混ざってたり上下がおかしい感じがある。

 

それはファッションのも一緒で、テロや事故を誘発しやすい。ドイツでテロや昨日はだいぶ世界で何かあったようです。この仕組みがわかっていないならばそこまで世界的なものを手掛ける資格がないんと思うんだけど、しゃしゃりたがる人が多すぎる感じがする。

実年齢に該当している時期だからと、出せるとかなんとかそういうふうに博報堂はしすぎだったのもどうしようもないと思う。年齢に見合った精神年齢なんかないのに、その裏で故意に容姿を下げたり収入を減らす動きを放置したり容認していところが多すぎる。

 

この広告だけじゃないけど、そんな容姿に男女でだかなんだかが差が出るミソジニーの組み方どう思いますか?

 

サントリー緑茶 伊右衛門 特茶『結果がすべて』篇 15秒 本木雅弘 サントリー CM

(★そういう感じのものが出る時期ですけれども、過去の1988年頃の日産、西武などのどれも嫌いです。中身がまるでないし知性に欠けた偶像はおかしな思想を持たせやすい。おかしなリーダーが出てしまったり。

そういうのだけ、19の暦で出ているのが不思議です。誰が偽物で居座っているんだろう。)

結果として大抵のこういう飲料はどこのメーカーでもそうですが、男性により結果が出やすいものが多い。

今日、喪中の葉書見てたら、私に攻撃するために体重増加やなんだかんだで使われている家の人は立て続けに人がなくなっているみたいです。

博報堂貧困ビジネスに都合よく使われている場合はがんもどきが出ていたりする場合もあるようです。

 

一時期の福山雅治がそうで、気味が悪いとかなんとかいう年配の女性はかなりいましたけど、たぶんそういう意見は拾ってませんね。先鋭化したファンが自宅に侵入したりしていたけど、そういうことも起こって当たり前だなとも思いましたそういえば。売り方が何か異常なんだからファンもどこか異常性を帯びる。