atashi9's weblog

10だってあるよ

平衡と中庸の違い

この間ここに書いた西部邁の本間違えてここに載せたのより新しいの買っちゃったの。

死なないようにする - atashi9's weblog

でその本ええと

保守思想のための39章 (中公文庫)

これもまだちょっとしか読んでないんだけど、平衡っていう章があったんだ。やっぱりコミュニケーションのこととか書いてあった。というのもたぶん「中庸」みたいのが日本だと人間関係で重視されるから。その中でもだけどアイドルだけは存在が別みたいのって左派っぽいんだと思う。中庸ってアリステレスもそうだけど、ロールモデルみたいなのでも客観視が徹底している。そうすればそこには気づきや学習がある。それができているのでダイナミズムや演劇性を受け入れられるんだけど、それしない人がほとんどだから肥大化したポストモダンみたいになるんだろうね。さっき建築の見てたらこんな記事があった。

チャールズ、チャールズ──ポスト・モダンの折衷主義と保守主義 | 五十嵐太郎 ‹ Issue No.16 ‹ 『10+1』 DATABASE | テンプラスワン・データベース

元フジテレビの人が耐震偽造の話について何か言ってるみたいだけど、何か混んでるのか開けないので探して。長谷川っていう人。

建築でもメタボリズムとか何か何年か前からはやったよね。

でもあの元あたしに相当依存してやってたんで。今要らないのを過剰に出して攻撃材料にしたりしてた人いたんで、というかそういうひとばかりなので、首相だけ「森」でやってますとかですまないよ。そこほんと根拠不十分なのに、順さんで霞が関で出てるのはあっても元の子の年齢などの問題でちょっと今異常だから。 後どうせ後援会の人種の問題。だけどその人たち間違ってきちゃたところの方が多いんじゃないの?

あのさ、海外の動向見てないの?

7月18 何故かロシア文学 ドストエフスキー - atashi9's weblog