atashi9's weblog

10だってあるよ

まさかの子役 など

引き続き防災の日キャンペーンです。 

神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)

神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)

 

 「かえるくん、東京を救う」

これはあってたようであってないのだろう。「多崎つくる」もう一回読まないといけないぽい。

「蜂蜜パイ」

「こころ」漱石のまで戻らなくても

螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)

これに似たような話なかったかな。

NHK都合すぎる。真面目に説明すると該当者に失礼なのもあるというかあまりにもそれでも少し私が可哀想な気もするので気が向いたら書くか、はてなにお問い合わせを。

小夜子は自分が一番好きなんだろうね。そしてこれはわたしがどうも子役ぽいけど、母親ではない。母と私は用(私欲ではない)がなければ「高槻」が嫌いなはず。

 

この二作だけで小島信夫っぽいんだろう。そしてそれなりに気にかかるから書いているんだろうけど、時期的に良くない。