読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某広告代理店の過労死の話題は格差を促進させおかしい

wildcard 経済 仕事

まずマスコミ各社への連絡から。

― 何かこう書くと大物気取りのようで、万年下働きのくそ重労働の単なる知的労働者でしかないのお判りいただけますか?勿論それだけではなく、一定の立場はあたえられていないと業務が滞ります。世間への影響度、メディア度に準じて、なるべく厳密にご理解、行使のほどよろしくお願いします。

 

さて、Twitterで、連休前なのか、急にBotなのか新聞社が一斉にこの問題を繰り返し流し始めたが、半島問題がああな時に頭のおかしい各マスコミフロントいい加減にしてほしい。

 

去年の話で、あまり覚えてないのですが、それでも、クリスマス近辺に何かと孤独を煽るような情報が流れていたことは記憶しています。何のためにそうしていたのか、ちょっとよくわからなかったけど。

それとこの年頃の女性は、予想以上にストレス耐性が低いような気がする。スポーツをする人が増えると、ストレス対策が万人にいきわたらないことがある。常識的に考えれば電通の場合たやすく分かるようなことが、何かのバランスで事故のように出てしまった。多分粗悪なWeb企業のカバーに入らなくてはいけない仕事だったのか。しかしここのところ、電通でWeb企業を援助してもWeb以外の技術的な面での理解が横で聞いてると口がふさがらなくなるほど(驚愕の愕の字って顎じゃなかったよなとか考えたほど)おかしいんです。

ですからたぶん、騒いでいるよりも、要因は事故に近い。

www.sankei.com

それでもイタリアで大地震があったように、どこかでおかしな動きはあった。はてなには逐一ある時から連絡していますので、どこでそのようにずれたかは調べればわかると思います。酷いのは、慶応界隈のある人物に対する偏見と差別で、順位がおかしくなっている。それをユニバーサル、宇多田ヒカル近辺で、悪用し、レコードを大量に売っている。勿論そこの単独の成果ではないです。音楽業界はギャルブームなど90年代後半のそれでもエイべクスがやっていたようなものやもっと前のキモオタ商売の新宿系から、どこかで女性に負担をかけ、悪用するような売り方をする傾向がひっそりとしかし強大に出ており、そこの失敗というか負担はなめ腐って豊洲の大失敗にもつながっている。

通常の生活関連のさし向かい方で済むものではないです。わたしから変えた場合。人数増やしても駄目です。

それと6は何故か、私に対して自殺誘導をやっているところがあったので。

このように生活に密着したところもうまくいっていないのに、皇室関連のを手掛けるのはとんでもない。不具合が出ています。何か欲望に対して貪欲であってそこのすとっぷがかかるものを排除するような動きがどこかであるようです。そこは宮家に向いていません。

それでもここのところ、「子供の騒音」みたいなもので新規で手掛ければ鬱陶しいものがなくてたやすいとでも思ってるのか、昔の不具合を処理というのでもなく、わたしはむかしから6(小澤)で特に流されやすいところがあるのですが、暦の都合で、誰かの悲しみや猜疑心のような思惑が特に強烈に流れてくることがあります。昨日すでに報告してあまりにも酷いので直してもらいましたので処理済みですが。誰かの位置が違うのです。調整しますけれどもね。

 

まあすべてはどこかでに過剰な負担がかかっていて、結婚もままならないっていうのが原因だと思うんですけれども、

この重労働に関しての話題の流れは少し考えれば、格差や成果主義の隠れ蓑で、特にネット標準ですと、ISOのような規格もなく、詐欺まがいや目くらまし程度の成果や強奪まがいの売り上げが横行する。これが広がると弱体化します。ただサブリミナルで物欲を視覚から刺激するものだけが強くて、目がほしくなるような消費行動は煽るのに百貨店のような実店舗は目の敵のように何故かそこだけ左翼精神が過剰にでもそれって他人の消費行動が鬱陶しいというだけでしょう?ネットで買えばそれがないというのもおかしなことです。

それに労働時間のことについては、先日も書いたように変化によって、質が下がるような傾向はおかしいのでその点は本当に要注意です。実直さや生真面目さがどんどん減ってきている。日本人にはある程度たぶんそのような働き方があっており、あまりにもおおざっぱで何でもやっていると、逆に他人や世の中に対して門外漢なようなところまで、単純な映し鏡が発生するところでは批判やクレームみたいなものが大量に出てきてしまう。前からありますけれども、今は確かにそういう時期です。こういう点からにおいてのみまずは自分のことからというのがあるようです。左翼は国から搾取しようとしすぎているし、こういったまともで健全な実直さに欠けてきていて、変なことが多すぎる。弱者をだしにした、社会の中での非協力的な人物の、特別扱いの要求にはうんざりするものがある。