読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真鶴・湯河原周辺で自宅や店舗を開放してギャラリーにしたアートさんぽっていう催しをやっていたので行ってみたんだけど、真鶴には初めて行ったのでよくわからなくてバスの運転手さんに聞いたら一つ目当てのギャラリーがあったんだけど、中川一政美術館から歩くといいと言われたけどそっちの方にはその場所がなくてたくさん歩いたらくたびれてその美術館以外は結局ほとんど見られなかった。
それでも真鶴の太古を感じる自然の木々やアマルフィっぽいと言われる海の風景は見られてよかった。
f:id:atashi9:20151103125425j:plain
写真だと本当にそんな感じがした。5月にアマルフィは行っていて今は冬なので厳密に比べられないけど。

中川一政美術館は前に「日曜美術館」で再放送を見たことがあって、駒ヶ岳やバラの連作がたくさん見られてそれはそれでよかった。バラのは何か懐かしい感じで80年代のものが中心だったけど、感慨深いものもあった。もうちょっと長生きしてくれたらどんなバラのになったのかなあとか思った。

ご飯はロケーションのすごくいいという評判のカフェに行ってみてよかった。
上の写真はそのお店の屋上から。
(なんか今、写真の投稿間違えちゃった。また明日やる。)
前に何回か行ったことのあるとてもおいしいのに何故か神奈川ミシュランに載らなかったフランス料理屋さんで修行されていたイケメンのメートルさんのご実家らしい。

前から聞いていたお店だけど、そちらから紹介されて行った。こういう情報ってなんで早いんだろう。何故かいろんなメディアでその店はどこどこの陣地みたいになってて、大変っぽい。

しかしなんかこっち方面に旅行するたびWebでおかしく出されてるの直してる気がするよ。


しかしみゅしゅらんは日本のだけなのか世界的にそうなのか、何か問題があったみたいってイギリス人がボソッと言ってるの見かけたので、神奈川のはもう出ないらしいしどうするんだろう。
ネットでおいしいお店ってどんどん書く人と、いいお店だったからとかよく行くけど秘密にしたいっていう人と二極化してて、そういうお店がなくなるのは何かさみしいものがある。

それにネットはかなり意味不明に破壊的なものを順礼で出しすぎるのでその程度は非科学的なこと極まりない。永井のギャルソン話のを無理にあてはめて他のお店が今月中になくなるらしい。お店の名前の語呂でネットに都合のいいようにするためらしいけど、そんなに都合よくいかない。