変な自己中の神経症の人たち

サッカーのみながらキリンビール観てて書くのが遅くなった。

 

特茶の一部の広告とサイトがおかしいのでというか昔の8-6が酷いんだけど、相変わらずな感じの病的なものの肯定が酷いんだと思う。メディア神経症みたいので、何かそれって電通しか治せないんだよね。

それに何が病的なのかってたぶん、広告作ってる人の感覚が古く、その人たちがおかしいので、変なんだと思う。

神輿を下ろせってなんだか知らないけど、

この広告がばかみたいで大嫌い。


サントリー緑茶 伊右衛門 特茶『薄着の夏』篇 15秒 宮沢りえ サントリー CM - YouTube

元の人の実生活を書くと、ファミレスやファーストフードのお店でフライドポテトを頼むのに、おいてあるペーパーで油を吸い取る。ケーキや何かデザートを頼んでも3歳児並な汚い我儘な食べ方で平気で残す。あれって客観的に見てる方はちょっと怖いぐらいの感じだったんだけど、何だったんだろう。

ここの他人を侮蔑することがやや生きがいのグループと別でも、この広告の最も多い人も、現実よそのお宅を訪ねて薦められた食べ物を思い切りしかめっ面で「要らな~い」とまるで薦める方が悪いと断るという感じなので。

客観的に考えると恐ろしい行儀の悪さなんだけど事実なんだよね。

 

でもわたし、こういう人たちの末端の層の人に操作されて20キロ近く太ったけど、彼女たちがぽっちゃりしてる時よりは、まだ痩せてるか細く見えると思うんだよね。デブだとか何だとかっていうのはいつでも言われていた。痩せすぎている時もなぜか言われていてそういう時にバカなことを言っているっていうふうにするより、いじめ好きな人の常套句として言われても仕方がない状況にするとかあったのか知らないけど、こういう感じじゃ自殺者って当然増えると思うんだけど、体裁上、その自殺願望の強い人は出したくないとか言ってきててちょっとその都合のよさは理解できない。何重にもだから不快でずうずうしい人たちだと思う。

 

盛夏に9時台にオフィス街の大きめのローソンに行くと、もう商品がないぐらい売れていたのでそれだけ売れているんだろうけど、先に書いた層を顧客としたいとかいうのがわからなくて。伊右衛門自体の味は好きなので他のメーカーのお茶はちょっと飲みたくないんだけれどもこの広告作ってる人が変なので買いたくないし、サントリーの他の商品のも必要最低限以外は出たくないなと思った。

直せないネットと博報堂はそもそもビール業界荒らしが殊の外好きな方だろうし、こういうのから遠ざかるんだろうなと思った。

 

www.nikkei.com