また冷戦が終わるころの本を読み直した

昨日眠くて書くの忘れたんだけど 

この本日本人の男の子が旧東ドイツに音楽留学して、ドイツ統一に至る激動の様子を音楽の習得とともに経験する話なんだけど、どうでもいい本が多い年末のブルータスの本特集にも何故か載っていた。

革命前夜

革命前夜

 

 忘れがちだけど世界中でそういう動きがあったんだよね。

 

なんかだけど、日本でわいてる自由バカみたいな人、交通ルールは守らないと秩序もなくなるみたいなことわかってないの、割り当てがドイツとか、アメリカ(今みたいに選挙中だと悪影響あるけど特に金融)、いい加減にしてほしいんだよね。

 

ここの大衆、ここの層の動きって過去の何の熱病だろうってちょっと考える必要があるっぽいね。