atashi9's weblog

10だってあるよ

浮草を勉強する

有楽町の読売会館の上で小津安二郎4Kを再びやっていて、今日も見に行ったんだ。

あの映画館は三省堂とかビックカメラのポイントカード持ってると割引になるよ。

久しぶりに行ってお金払うまで忘れてたけど。

 

浮草は小津安二郎でも大映で、冒頭の音楽から松竹じゃないなってちょっと何かチェと思った。昔のはクレジットが先だけど、見てたら何かおかしくなった。

冒頭の場面はおかしい。

何かこの仕組み真似した洋画ってあったかな?

永田雅一岸信介に協力してるようで、ついでにせこい感じがある。

そういうのは必要なのもわかるよ、というのは、各国の解離みたいので、

昨日ちょうど母がジョーン・クロフォードのホラー見て(何らかの風潮批評描写でも、くだらないのだし、今悪用してるのあれば悪いんだし。浮草みたいの見誤るとどんどんおかしくなる)ベティさんは子供の頃からかわいくて好きだったとか言ってたくせに酷すぎるとか怒ってたから。

日本とアメリカで解離ができたところ埋めるのは要るのだろうね。治安の問題でも。それはさ、近年勝手にインテリジェンスない人がわけわかんなくやってきてて、森友で首相せめてもなんだよ。

何を整理して何が変なのかわかんなくて通じてなかったかみたいなことはあるだろうよ。

財務省の人はサヴァン多いから、市民のようでマスコミは何らかの偏向角度で見て偏らないで考えることができてなくてなんだかんだ言うのは何か嫌だったね。何がどういう作用の意味あるかみたいなのって世代交代と持続性考えたらああなるの無理もないから。

 

今も「お魚くわえたどら猫」だか「お魚くわえたサザエさん」みたいなアメリカ映画あるけど、この浮草の理解と整理をした方が良さそう。

何かだめな場合、マトリックスだとネオとかMr.スミスにお迎えに来られちゃうじゃん。今Mr.スミス方面、ネオ以外に甘いと思う。キアヌって京都には来ても神戸には行かないのか神戸でへんてこなネオでもない人見逃しすぎだよ。荒らされてるってことだよ。

 

浮草はよく考えたら前も観たことがあった。何か三重じゃないと思っていた。

黒沢清監督が小津はフェリーニっぽいって書いてたけど、フェリーニはマストロヤンニが出てなかったら見てられない感じがあるけど、浮草だってそこまでではない。

中村雁次郎さんはいいけど、

伝えるときののがでもさ、男女で違ってそれどうすんの?あたしなんかしかもそういうハンデあってさらに無意味に必要以上に京マチ子さん乗っけられてて困るんだ。他でも困っている。

 

 

浮草は、浮草物語っていうのの

リメイクでこの元のは観たか忘れたけど、河原乞食っていうのの喜八役の坂本さんの元を、あ~ちゃんはお会いした人から検討つくから間違えないんだ。

 

三井弘次がポイントなんだけど、今までのことみても、三井系に対して、問題を穿ってみる人が多いけど実はない。

昔(90年代以降アサ)やってたのはでたらめがすごいおおいよ。当て字で入れたり何か岩崎宏美にかこつけて三菱(バンバン不正出たけど)で運んでかっぱらいとかも三井ではよそからの以外でない。ここへんてこに外部からやるのって共謀罪っぽいよ。

 

杉村春子さんはいつものおせっかいおばさんでもないので、貴重な役で、見てると、すごかった。

若尾文子さんはエンジェルっぽかった。実在しない感じに思えた。

 

たぶん明日もやってるよ。

他のの方が小津安二郎堪能するにはいいだろうけど。

 

ああそうそう、佐藤雅彦のcprojectのはこれににてる。だからそう考えると、いいと思うよあれは。