物理のやさしい本は読んだほうがいい

ちょっと今眠くて。とりあえず書くけど。

 

 

日本は昔から物理学者が読みやすい本を出していて、それは古くならないし、すごい財産だなとしみじみ思った。寺田寅彦は小学校高学年ぐらいから読めるし。ただしいつまでも寺田寅彦のともまた違う物理分野のものをお話として読んではいけないのでは。そこには法則があるので。

 

この間も書いたけど、どこかから勝手に盗用して紛れ込んでるものに気がつかない問題が起きている。それでも、ネット会社には技術者がいるんだからだめかどうかってわかるはずなんだけど。