負の遺産とその経緯

負の遺産とその経緯について、教科書的な歴史認識以外で、どういう思想の人が周囲にいてどうなったのかみたいなこと抜きにして、今の感情論やなんていうんだっけ、偽善だっけで考えても、もたらす結果が今までと一緒になってしまう。こういった状況を打破するのに必要なのは果たしてデモ行為なのか?

 

国際関係における力学は、ゲーム理論のようなものでは圧倒的にたりないのではないか。単なる「評論」。それにしてもバランスシートたりてない時が多いんだろうし。現象の読み方も浅いのではないか、歴史認識というより考証が浅い。

 

ぷーちんが強いのは何故?