名古屋の人が失礼な原因


中部支社は昔から異常。5と6が特におかしい。


名古屋は、親戚の人がいつの頃までか住んでたんだけど、その後ずっとおかしい。
Wikipedia蒲田行進曲の項目を見ると、

熱海殺人事件』『ロマンス』等と並ぶつかこうへいの代表作の一つであり、舞台、書籍、映画化されている。なお、直木賞の選評で選考委員の一人五木寛之は『蒲田行進曲』が天皇制と身分差別についての影絵文学であることを見抜いていると、つか自身がその著書で述べている。

このように書いてある。

また、

池田屋に討ち入った新撰組隊士が、スタントを担当する“大部屋”役者を大階段の上から斬りおとし、壮絶に落下して行くその様を大迫力で映し出して映画を締めくくる、いわゆる『階段落ち』である。
もちろん、落とされた役者はただではすまない。軽くて半身不随、重ければ死亡という多大なリスクが付きまとう。しかし、撮影所の大部屋にすし詰めにされて日々を過ごす大部屋役者達が、それと引き換えに1日だけスターになれるのが、この映画だった。

この粗っぽい様子は何か岸和田のだんじり祭りを連想させる。


過去の失敗の原因を、どこにおいていたのか、甚だ疑問に思う。そもそも、名古屋で私やある特定人物に攻撃してくるのは、ジャンキーか、分不相応に尺度がおかしく動いているところ。

どこかで自殺や自殺行為になるように出てくる。


いくつか原因というかおかしくなるタイミングがあるように思う。
子供向けに整え始めると、自分でもわかる、できると思ってしまう人が出てきやすい。
それと、結婚する前ぐらいの時期に、相手の方の価値をあげていく場合。存在以上に自分の価値をとらえやすくなったり過小評価したり。昔はそれで結婚する人も多かったんだろうけど。

自分でもわかる、できると思うのは簡単で、その範囲がそもそも自分の能力の範囲で大抵広くも浅くもない。可視範囲も狭く造詣も浅いのだとわかることができればいいのだけれどもそうでない人のほうが多い。
自分はしらないことが多い、その状況に対して知的好奇心を健全に持つことは意外と難しいのか?