生きすぎの働き方改革でまた年金が危ない

昨日に引き続いた話。
厚労省の動きが、何故か何で公明党軸で動いているのかわからないんだけれども、一部の省庁はさいたま出身者に無意味に傾いて動いているようだ。

さいたまの動きでどうも韓国がおかしい。
それ以外に考えられる大きな弊害がいくつかあるけど、
ひとつ大きなものとして、年金のことがありそう。
https://twitter.com/9atashi/status/795549569392078848
そこの入れ替わりは、必ず厳しい条件を満たしていないと、災いが起こるようになっている。
もちろん国際的にもおかしく動く部分が出る。むしろそれを悪用している人に国政や行政が引っ掻き回されている事態が許せない。

それとその近辺で私に過去に起こした被害はまるで質の違うものだ。私はいろんな札や帽子が使えるので。
業者の質が悪く(労働局に強制捜査に入られた電通ではない)処理がおかしいからだ。

医薬品がらみの話もこれでは進みにくい。
それと少子化の対策としてネックが残業や多忙さというのはそうとも言い切れず、対策はすべて裏目に出ている。