読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャズギター上手とイノベーション

田島貴男さんの弾き語りライブに行ってきた。

 

今日は殊の外寒いし様々な片付けで、どんどん顔がブスになってくるし肌も荒れてきたので、なんか行くのめんどくさいなと思っていたんだけど、ひとりソウルショウともまた違ってジャズギターがすごいうまいし、メロディラインを曲の構成でも見せていておもしろかった。いつもそうなんだけど、終わった後、あああよかったとかじゃなくて、ああおもしろかった、とか言ってる人がいつもいるんだよね。

今日昼間、三浦さんのJRのアリスのみたいな髪型にしたくなって、ちょっとふらっとルミネに行ったので誰かに見られると連絡が行って、そうするとなんか谷底の酷い音楽にされたらどうしようと思ってやめたんだけど、誰かがわかっててちゃんと編集したのか、新曲の一つだったかなんかで泣けてきた。いつも歌う曲は気づいてないのほど切なさが出ていて、曲によっては病的でなかなか難しいのかもと思ったけど、聴いててなんか自分のバカさ加減に(しょうがないんだけど)泣けてくる時がある。

そうだこの間書いてたこのことだ。

感動と煽動 | 田島貴男 DIARY

禅語でいうと洗心というやつだ。

 

何か今日は笑われることに対して珍しく文句言ったりしててそれもおかたづけ犬っぽくてそれにしても劇場ふうのもうまいのですごかった。

 

イノベーションはへぼい早ごよみがないと成り立たないのかってそんなこともないと思うんだけどね。