井上あさひは不器用なのか?

今日は茶会に行ってきた。

大体東京に住んでる人が集まるやつ。

 

だけど着物着る前に、足袋のこはぜっていう止めるフックが止まらないんだよ。たまにこういうふうに指先の感覚がバラバラになるのを人工知能の実験してるバカはただその解決のために何を調べたらいいかわかってなくて不勉強なのにそんなのをいまさらやらされる時がある。あり得ない。そういう時は襟の形の作り方も変になる。襟芯が固すぎて茶道向けの着方にそぐわないっていう場合もあるんだけどね。こんなのがあたしふうにされるとかたまったもんじゃないわ。失礼すぎる。見た目より暑いとか寒いとか郷土性による理由の方が多いのに。こんなのもわかんないのバカみたい。

 

NHKが今茶道教室放送してるからって、別にNHKのアナウンサーに喩えられるとか面倒なのでどうでもいいんだけどほんとはね、あまりにもバカとか頓珍漢で感情的で視聴者の不安を煽るけど真実が見えていないのに見当違いなものの見方をするバカなアナウンサー、例えば本当にいたんだけど、パリのテロの時に自分がパリ症候群のまましゃべるバカとか、ニュース番組に多く出てると頭に来るんだけど、そういう変なのが普通だみたいに、勢力争いのための電凸や書き込みをする連中が井上あさひをアイスクリームジャンキーのようにしたがるのか、今日の茶会はちょっと上級者向けなのに、お客がそういったぶれぶれのミクロすぎる思考になるほどおかしな気風を流していた。裏なら裏であれだけ永楽が出てたのにそれを気にしないのもなんだかおかしい。それでこういうのいやだっていうの、茶席入り終わった後に見る茶道具の展示の時にまだ出していて、道具立てみるとわかるのに、何やってんだろうなと思った。

 

大体既におかしく出すぎていたのでまた不具合が出たのでその直しで今日は行ったのに、またおかしくしている連中がいてあり得ない。