やぱり推理小説とかたくさん読む時期っぽい。高い窓は特に村上が訳者あとがきで書いているように短編小説を膨らましたものだから読みにくいにしても、推理を働かせる楽しみはあった。すらすらとは読めないけれども。そうすると人には薦めにくいけど、読まないといけないやつってあるんだよなあ。