エディとにこちゃん大王

元旦の新聞広告って見たほうがいいものらしくて、朝日と読売のを見た。新聞も読んだけど、福袋みたいにいっぱいついてくる方が多くてそんなに社説、コラム以外動体としてめぼしい記事は少ない。

この間こういうふうに書いたけど、

野良アイドル妖怪アイドル - atashi9's weblog

にこちゃん大王みたいに、肥大した顔の大きいそれだけの生物が躍進してくる時期なのだった。積水ハウスの広告などを見てそれを思い出せたのはよかった。

さっき富士ファミリーとかいうドラマをやっていて、何でNHKで「しちめんどくさい」バカみたいなことやってんだろうと少し前に思ってたんだけど、現在の世界情勢の胎動にまるで合っていない。だから田舎になるしそれが藤ではない。


 SNSでもこういう感じなのは前々からあるけど、特に突出してくる時期なのかもしれない。

dentsu-ho.com

自分のことはいつでもわからないんだけど、外のことをすべて回りの人の反応から読みとくのはそれだけではやや無理なので行き詰まりやすいのかもね。


 三越伊勢丹のエディのは、同様に顔が大きく出ていても違う。こんにちはどようくんぽいから。判子系ぽい。昨日新鮮とか書いたけど、「鮮やかは魚」っぽいの話も思い出した。


五郎丸の講談社のも目立つけどそれはまた違う用途のもある。

今日は変な組み方してるところ、ものすごいめちゃくちゃなものを多くなっていて散見されてびっくりした。以前書いた環状2号線にところと補佐的に出るところの人の9潰しが酷い。