atashi9's weblog

10だってあるよ

計算士、ピンクの一角獣。何故か牛若丸で登場など。

大急ぎで読んだ。

詳細はまた調べる。

 

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 全2巻 完結セット (新潮文庫)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 全2巻 完結セット (新潮文庫)

 

 一角獣は好きだったのに、近年絵画展に出た少し前には、unicornともてはやされて人格素養無視の傾向が出てきて、蝕まれることがおおいのがわかって(改変可能なもの)、あまり関心がなくなっていたんだけど、科学と技術的なことは製品化されないとお金になりにくいので、それ以外の分野で混乱が多いのだと思った。

ピンクの一角獣はNHKで生まれる。1と8。

一人の人物の二面性や影の部分に関してどう考えるかというのが読めていないと

このねじまき鳥が読めないのだと思った。こちらはとちゅうまで明確におぼえているほど読んでいて、だけど思い出すと主人公が一人で最初の方迷う場面ではよしもとばななのどれか、眠る女の子のだから白河夜船かなと混同しがちになる。 

ねじまき鳥クロニクル 全3巻 完結セット (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル 全3巻 完結セット (新潮文庫)

 

 今日読み終えてちょっと反省した。ああいう大規模データ処理じゃなくても違う方法もあったんだろうけど、平行して他にも何件も入ってるとかだと、問題が起きる場合もあるしでああなったのもあって、それでもまだ少し不思議なところもある。

 

ノルウェーの森はすごく昔に読んでから読んでないんだけどやぱり読まないとだめっぽいなあ。

 

後ろ見ないと危なくてね。様々な面で知性はこんな時代に逆に落ちているから。

 

ああ牛若丸の書くの忘れてた。


RARE: Kleiber conducts Offenbach 1962.wmv ...


Il Postino soundtrack - YouTube