Cancamモデルの不幸 おでん女か汚物女か

小学館って何か、ある系統に置いてとてもお高い、お偉い感じの考え方で、いまだに私の周辺に対してネガティブな流し方をしているんですけれども(気にしていないんですけれどもどの雑誌も読まないので)、出版社の中でもお系の変形に一番一役買っているんじゃないかと思ってるんですけれども、この判断をした人はですから得意ぶっててかなりのバカです。一世代上に合わせていたにしてもちょっとおかしくて、許しませんよ。

特にCancamモデルの人って注目は浴びますが何か不幸なことが多くないですか?たぶん彼女たちとそこの出版社、そこを動かした広告代理店が、Oggiっていう雑誌、創刊号の広告は佐藤さんだったので覚えています。わたしが入っていないようでどうせ入ってますから時期的に。それでも買って見たらつまんなかったので読まなくなりました。その後、ここ数日書いているように私や従妹を消したんだろうなと思うんですよね。像が独り歩きしているのは、マスコミの人の驕りです。わたしはもう分量はかなり少ないはずですが、そのバブル崩壊後の捜索があった後は適当に使われてたところはありそうですね。この解釈はすごくおかしい。

オリンピックに向けてどうのこうの、何とかパートナーがどうのとか言ってますが、そこのおでん女か汚物女かわかんないのどうするんですかね。調べたんですよね、いちいちどうも手間がかかるので。ここがおかしいと思うんですけれども、それにも気づかないのって何か、ちょっと、ほんと勘弁してほしいんですけど。