ネットと現実のかい離をうめるための悪質な行為

自分で言うのもなんだけど、繰り返されるところはあっても、中学生の頃に見ることができていた情報の経路と実質の効果とかよくわかってたなと自分でも思う。どうやって覚えたんだろう。中学生の頃から考えればいいやと思っていたんだけど。

 

しかし何にしても、慣れの問題などでネットに何でも出ていることや人物にまつわるものの変形や揶揄などをあわせているネットの質を悪く見せないように、現実に変な人を出現させても無駄に思う。電車や日常生活で目にする不自然なものはそういう点で嫌いだ。何て粗末なメディア観なのかなと思う。

結局問題を起こし有事になっていい子ぶって頑張りますとか言われても、こちらは常日頃から迷惑と公害しか受けていない。