読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンディーズ

村上さんのところの質問に応答するの見てて、なりすましかなと思うのがあって、それが強奪みたいのが見受けられたりしていて何か言ってたんだけど、よく考えたらわざと本の場合にはわからないようにずらしているのとあるだった。直した結果がそれで、昔は村上春樹の本を読んでいると、何となく精神的にぶれやすいと友人も言っていたのだった。*1

 

ただそれによってそのまま読んでしまうとこういった悪用みたいなものもあるようだ。 

自分の名前は好きですか? - 村上さんのところ/村上春樹 期間限定公式サイト

なんかこの人か息子さんの話知ってる。メディアボリュームあげて沼津の盗みの誤魔化ししてるひといるっぽい。

2015/01/21 21:06

閑話休題

それでメディア弊害と批判の入り方は責任の重さと特定された場合に嫉妬を受けやすい分野によって違うのだけれども、ファッションのそれはわりと独特に異常だ。しかも(フランスはだいぶ治ってきたとはいえ除いて)海外のプロ以外のところでは、能力が下の方の人の方がうるさい。人違いなのに感情的な文句を平気で言ってくるとか、センスというかチャンネルに依存した好みなどを押し付けるとか、感性が重要視されすぎているところがある。2、3番煎じ、または事情で人気が固定されているお店やデザイナーなど、またはそこそこ売れるところしかしながらこの分野だけに特化していると、自分の考えが誰かがすでに作ったものだとか片寄っていることに気づかない。そして購買欲のことから自己責任論も持ち出されやすい。

これと別の様々なメディア弊害に関して、「普通の女の子」に戻れる人ほど、手助けしない。前も書いたかもしれないけどこれは広告屋が全面的に悪い。この人間間に起こる理解のなさと、代替えのきききれない部分での意味のない嫉妬でおかしくされたところはだいぶある。職務20年以下だと昔は大抵平等という考えが負担均一になっていないのが当たり前で左右どちらでもこういう判断だった。つまり特殊な役目に関して理解できない人が大半だった。5年以下とか相当に最悪だ。

 

面倒になってきたので今日はここまででいいや。

 

ただ今のようにわかりやすくして、「買ってください特別なお客様」みたいのだと、ウェブのようにアクセスできる量が多い問題や個人を示す場所によって統合失調症になりやすいのだろう。*2それに関してもその自意識過剰の部分の直しでもひどいこともだいぶ多かったけど、うるさい割にてめえのところの女子アナの行儀悪さは格別で、それによって調べる業種が片寄るわ、しわよせはこっちにくるわで。必要以上に無価値な人間にされたことは何度もある。私のかつての友人の多くは今でもたぶんそう思っている。人生において彼女たちが私の分を私ができない部分の負担をしたと考えるバカがいれば、私があたりまえに享受できるものまで侵害しておいて、私は無価値なのでそれがないというふうにしてきてしまったからだ。ウェブの行儀の悪さがその表れでもある。それでも一度そういうことがあるとそういったところには近づかないのだけれども、無価値だと思いたいのだろうけど利用したいやつが、自分たちの失敗は隠して、関わる義務があるといってくる人がそういう人ほど無責任だ。日常生活の範囲に現れて何か起こすのはだから犯罪に近い。

 

*1:これによりものの見方が広がるし可塑性もつくのだろう

*2:こんなの大人だってテキストサイトを大量に見れば具合悪くなってくるのと一緒で、子供があまり淘汰されていない質のyoutubeの動画をたくさん見ればおかしくなるというのは常識的に考えればメディアに詳しくなくてもわかる問題だと思うんだけど。