読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サントリーありがとう

art

 

天才陶工 仁阿弥道八 サントリー美術館

これすごい良かった。サントリーありがとう。また行く。

2014/12/21 22:45

 昨日から始まったんだけど、早く行かないとと思って今日他へ行く用事の前に行ってきた。ここのところあんまり好かない構成と展示が多かったので(普通の美術展だけど)今日はすごく行ってよかったと思った。見方の説明がわかりやすいし、いろいろな名物みたいな器の模倣したものを元のと並べて展示していて、高麗象嵌のから並んでたんだけど、すんごいうまくてびっくりした。建仁寺で持ってるものも多いらしいけど。他に仁清や乾山も参考にした元のものがちゃんと比較としておかれていた。楽の左入の七種などは左入のはなかったし、どれがどれか書いてなかったけど(手前から大黒、東陽坊、鉢開、検校、木守、早舟、臨在だったかな)もうまくてびっくりした。

乾山のなんて、今清水寺付近に行ったら似たようなのあるんじゃないかっていうぐらい。*1ややそりゃ劣るだろうけど、京都に行って浮かれてるとつい買っちゃいそうな感じはあるし。そういう写しの時代から、彫塑的作品、その後御庭焼の指導に当たった窯のがでてて、それは感慨深かった。

器がどうのとかいう問題じゃなくて、

レヴィ・ストロースのとかちょっと見直してもう一回行く。

*1:それでも桜楓文鉢なんて、乾山だと桜と楓の配置がきまっているものを変えたのにはわざわざ「乾山」と入れていたりして、元の作者の作風を非常に慮っている様子でもある。