atashi9's weblog

10だってあるよ

選挙運動に伴う深刻な問題

選挙運動に伴う深刻な問題、特にアメリカは不景気を呼ぶように何となく思うのだけれども、それを認めない情報は既に見かけたけれども、一つのみかたとして、正誤両方見てかなりマクロで見ると、それで合ってるんじゃないかな。

日本の場合もっと何というか、天災が絡むようなきがする。盤石な地盤を揺るがすようなことを横着におこしているのか。元から多いにしても、既に長野の地震阿蘇山の活動が思い当たる。兵庫でも土砂崩れはあったようだ。天災→覚醒剤関係のじけんやその検挙→左派の攻防という一連の流れがある。09年、またはその前かあとにもあった気がする。
この点について首相がマスコミ向けに何か言ったことはマスコミは受け取れないようだ。インテリジェンス処理の放棄ともおもえる。または情報がこのように錯綜した場合、自然界に影響が出始まると工作とあいまって自家中毒のように自然に呼応したかのように発狂する人々が現れる。正気の沙汰ではない。

平常を治めてより良くなるのではなくスタート地点で荒れ狂った様子に置かれるのでどんな政治家でもそれなりに、とそこまで幻想に飲まれることはないにしても、この不毛な繰り返しは本当に多様な有意義な意見の集約になるのだろうか。

どうも騒ぎたい人々の良いようになっているとしか思えない。

まつりごとと言っても神事を枯らしたただの焼け野原でこの状態でも自分の影響が出れば失敗を考えず被災地を横目に、まるで悦に入られる様子は甚だ不快であり役割からは認められないし、他の要件でもこちらは協力したくないのは至極真っ当だと思ってしまう。