「とんがりとこび」で青春過ごした人は吉原好きという不思議な帰結

 

 何かファッション雑誌ばっかり買ってると文句言われるのわかってる人は言われたくないのでそれを抑えて、街角で文句入れてきて最悪だと思う。

全部8系とねっとのへぼいところだ。

両方とも東京の特集だった。

今回はGINZAちゃんと作ったんだなと思った。 

 

GINZA (ギンザ) 2014年 11月号 [雑誌]

GINZA (ギンザ) 2014年 11月号 [雑誌]

 

 こちらは余剰の金の回り方があんまりかんがえられてない夜系。

 

Numero TOKYO (ヌメロ・トウキョウ) 2014年 12月号

Numero TOKYO (ヌメロ・トウキョウ) 2014年 12月号

 

 それでも共通してあまちゃん病から「吉原」「なんちゃってサロン」へ、なんだろうけど、時代が微妙に違うんだけどな。雇用の問題が違うから。

もてとか言ってるけど、あやしいと思う。微妙に違う気がする。

ここで躓いてる。やり方が悪いっぽい。


おばさんバッグ - atashi9's weblog

 

それと一昨日ぐらいに書いたこととこの問題がある。

 

atashi9 - 『土屋耕一さんの食、顔、文字。- ほぼ日刊イトイ新聞』 へのコメント

仲畑 オレがひとつ、象徴的に覚えていることがあって それは、土屋さんが 「鮮やかっていう字は嫌だね」って、言うんだよ。 ── ええ。 仲畑 「魚臭くて」だって。

2014/11/06 20:02 にブックマーク

 

 

 

おおざっぱにいうと、坂本龍一みたいなとんがり系の人と

 

左うでの夢

 

93年発売だけど、写真はその前のものだた気がする。

元はデビット・ボウイとかなんだろうけど。

 

f:id:atashi9:20060920222705j:plain

こちらは昔のサーファーカット。元はファラフォーセット。

 

この男女の組み合わせって合わないだろ。それでもくっつくのがバブル時代だったのか。

 

後雑貨屋みたいな人っていうのはあるけど。

 

美容師が作る髪型でタイプが大雑把に別れちゃうとかって怖いと思った。そういうのだった気がするんだけど、ごみごみしすぎてて、変なエコ宗教だかオーガニックとか言ってカラーとパーマやらないサロンあるらしいけど、バカじゃねえかと思うんだけど、その割に結構な人がかぶれるカラーのはすすんでないみたいだね。強く言ってるのが真ん中へんにいるのでそれがやたら出てて白髪の人増えてるね。電波ので髪の毛の癖が出やすいのはいい加減に治ってきたけど。