読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優等生の割れ窓問題

単純な正誤法ですむぐらいのものばっかり判断してきたとか優等生とかだと、誤りとリスクなどの点で、自分の中で割り切れないのか、中長期的に見てどっちの選択が正しかったのかについてけんしょうしにくく、なにか成果主義だと、ひとにたいしてもいいみかたができなくなるし、そうするとやっていいこと悪いことのモラルも下がる。7がこれ強すぎる。最悪に強すぎる。ミソジニーもこういうので出るし。

これ日本人の典型タイプだったので官僚がある程度突破したところがなぜかネットベンチャーで起こるとかいうまじで終わってる話が今。

 

こんな状況で自己防衛と他人の批判の矛盾もすごいとか、それってかなりの卑怯者に思える。