毎月新聞20号

何かvaioに合わせてるようでNECにうちの親類入ってるからか混同して結果8が強くなってる。いくらでも勝手に紛れ込ませる人というのはいる。新宿辺りの様子を見てるとカティサーク期っぽい。

この件に関して昼間ちらと見たテレビで元フジテレビ女子アナウンサーが何か言っていたが、ババア芸風の筆頭だったのになんだとかちょっと反感を持った。

まあでもパソコンならまだしも東電は20要注意という感じみたいだ。

次号のこの月の出来事を見ると、雪印で問題が起きていた。

キモイ。まちがいでも記憶にあるからと正当化する一群はキモイ。

 

昨日出したこれも、4号で雪が強くてほとんどそれもからかい記事にしてるが。

 

CR Fashion Book [US] No. 4 2014 (単号)

CR Fashion Book [US] No. 4 2014 (単号)

 

 表紙のこれはE.Tだろう。元は弟だ。そこもどうせ産経と茶のいじわるなんだろうけど。2月に開催されていたgggのでも重要なので勿論覚えている。国際標準一味(語呂で読まないこと)なのでそれを使っているのかもしれない。外国の人もたまに見かけたから。弟はそこまで意味わかってない気もする。

 

この記事は祖父が読んだのか、井深さんの話をわたしはこのぐらいの時期に聞いている。何か読めばこれは私じゃないっていうのがわかるから何かしらまずいとか言うのはわかったんだろうと思う。ほとんどのらりくらりとしか答えてなかったんだろうけど。

このブログにその井深さんの話が出ている。

じじぃの「人の死にざま_08_井深」 - 老兵は黙って去りゆくのみ

なんてタイトル。数字の付け方はだから関係ないっぽい。

 ニューパラダイムを目指す場合、指で数えるのの何がまずいかっていうのがある。そういう習慣は私にはない。

さっきこの茂木先生のでコペンハーゲン解釈の勉強した。

書籍出版 双風舎:【連載】「脳は心を記述できるのか」

ほんとたのしい