読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑誌 ファッション

清原和博は薬物で緊急入院していた! | スクープ速報 - 週刊文春WEB

 

ここのところ出てない気がしたのに、表紙になったら何だかよくわからないことに。

marisol (マリソル) 2014年 03月号 [雑誌]

marisol (マリソル) 2014年 03月号 [雑誌]

 

 

何かヴェリーとかいうのを読めとか言われているのだけれども、別に気にしてないけど、友人の家の近所で感じた違和感や読売系でも感じたのや、何となくなじめなくて読む気がしない。何だか幼稚園児のお弁当のおかずみたいに何を見ても思えてしまう。

分けるのもなんだけど、一つのところに流行を作る場合に凝縮するのってソーシャルの時代に私はそういうふうにしないだろうなと思うけど、昨日書いた話のようにこういうのが好きな人もいる。

 

Chanel Fall/Winter 2014 « The Sartorialist

去年新美術館に出てた写真家へのアンチテーゼにも思える

普段着を演出? パリコレに「巨大スーパー」出現:朝日新聞デジタル

今やここの服働く女性、日本人は特に着ないのでは。

以前確かに今よりだいぶ若かったのでショーや何かに行くと何でこんな若いのに見に来てるのという感じな時もあった。よく思い出したら電通のおじさんがくっついてきてたんだって何か思い出した。スーパーのの方もすっかり忘れていたがそこのの場合母について行ったことがあるけど、学校の後輩がいてなんかしゃべるの面倒だし嫌だから行きたくなくなったりした記憶ある。

社会性とは違う窮屈さがあるとどうも苦手だ。やれっていうんならやるけど、向こうから求められるものは違うし。