読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方行政のあり方と都政と一緒に考えない方がいいんじゃないの

都知事批判の声が大きい。

今日は急に少女売春の問題や摘発が増えているので片づけろと言われたが、何か東国原をかつごうとしてる人がいるのか、それは前の期のものというより、弥生時代と評されている、酔っ払いからまた違った広告の悪い症状(単なるパネル酔いの自己中心感よりも男女関係で陶酔感が強い)が出ているし、NHKはそれが強く流れている。CAはそういうのがとても好きなのでそう流すことも多い。

今都議会は共産党が多めで、この状況で東国原になればもっと悪化するだろう。昔のわたしに乗せられたものをとっても、そこまで変わらないかもしれない。というか、「吉原」とわたしが読んでいるグループは吉田の吉を使ってはいけないのだろうと先日上戸彩が地方を訪問する番組に出ているのを見て確信した。

今日、何か岩上って言う人がツイッターに載せてた記事は新書の宣伝だったけれども、安倍政権ネトウヨを使って方位網を作ったのだとかなんだとか。だいぶ違うと思う。このスケールは林真理子が昔電通の人モデルにして書いた選挙戦略のを複製したような気がする。この程度のものを今更本にするのもかなりやばい。特に困りものというか終わった感が強いのは津田大介だが、左論客のバイトは共通して頭がよくないのにいいぶっていて、こんなの今の大学生の論文だとしたら、3流大学ぐらいにも思える。参考までに著者の一覧*1

 

ところで誰かマック赤坂の選挙の経緯記してますか?そちらの方が社会的病理がいろんなところに出ているように思えます。今日の中村いちやの日経のだけど

 

ネット炎上頻発なぜ 日本特有の過信と誤解  :日本経済新聞

 

炎上対策で一儲けだっていつのセキュリティ会社の売り文句だよ。、と思ったんだけど、ここで書かれている病理は(ちょっとくどくてわかりにくいけど文章が普通の言葉で話す悪い意味での官僚っぽい)その変わった被害妄想にも近い上の人たちがつくり、持っているものでもありそう。

 

*1:津田 大介 香山 リカ 安田 浩一 鈴木 邦男 中川 淳一郎 下村 健一 マエキタ ミヤコ 亀松 太郎 高野 孟